2014年 鶴川の家 [東京都町田市]

鶴川の家

内部の大きな、もう一つの外部

 

起伏や緑が豊かな郊外の鶴川で、敷地からは遠方の山や緑地を身近に感じられる。夫婦と子、両親の三世帯のプライバシーを確保しながら、どこからでも自然が感じられ,積極的に外部と関わることができる家が求められた。

まず外部と接する機会をたくさん確保するために、建物の外壁を敷地いっぱいに配置し周長を長くした。その中に、もう一つの外部を囲い込むように住空間を配置し、どちらからでも外部が感じられるようにし、光に満ちた風通しのよい家を目指した。また中央に設けた井戸は、内側から建物全体に通風もたらし、水音で場を和ませる。

2階のひとつながりの共用スペースは、外周部をガラス張りとし、コンクリートの廊下をめぐらせている。また、部屋の機能に合わせて床を下げ、コンクリートの廊下がキッチンカウンターやベンチ、バルコニーに変わる。窓廻りのグラデーショナルなレースは、光や風をやわらかく包み、近隣との直接的な視線をかわしている。

このもう一つの外部の存在により、自然と住まい手の意識を外へと向かせ、天候や環境の移ろい、あるいは周囲の気配などが建築のなかに入り込み、住まい手の居場所に強弱を生じさせている。

 

cci82ss_F8G2829

main_tkd_LDK

cci59ss_F8G2998

Print

cci33ss_F8G3224

cci67ss_F8G2934

cci31ss_F8G3239

cci64ss_F8G2960

cci29ss_F8G3259

cci53ns_F8G3049

cci39ss_F8G3181

cci48ss_F8G3094

cci49ss_F8G3084

cci15ss_F8G3366

cci79ns_F8G2850

cci11ss_F8G3386

cci05ss_F8G3408

 

 

 

データシート

敷地面積:234.52 m2

建築面積:  80.72 m2

延床面積:143.13 m2

階数構造:2階建/木造(一部RC造)

統括・意匠設計:大井鉄也      大井鉄也建築設計事務所

構造設計   :加藤征寛      株式会社 MID研究所

設備設計   :山下直久、大澤武史 Comodo設備計画

        小宅武尊      設備設計 桜組

ランドスケープ:石井秀幸   株式会社 スタジオテラ

キッチン   :鈴木龍三      スタディオン株式会社

建築施工   :株式会社 山昇

造園施工   :箱根植木 株式会社

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です